ぴかぴっかりんのアラ還ライフ
(旧 神戸山手大学 シニア2期生 キャンパスライフ) アラウンド還暦の楽しいシニアライフを綴ってます

ブログ管理者のプロフィール

ぴかぴっかりん

Author:ぴかぴっかりん
2013年3月に二度目の大学を卒業した
2016年3月に還暦を迎えたシニアです。

卒業後の進路に関すること
趣味の一口馬主、映画、音楽など
アラウンド還暦の生活について
できる限り頻繁に更新します。

読み逃げの常習ですが
皆さんのblogへ頻繁にお邪魔します。

当ブログはリンクフリーです。
リンクの際、一言コメントいただければ
嬉しいです。



最新記事



最新コメント



年月別の記事



記事の分類



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


つっちぃオフィシャルブログ

かまちゃんのぶら〜り北海道✩アウトドアしましょ!

駄菓子屋

そたえの雑貨村

うん、きっと大丈夫、こんな日々でも

為替料理人

四万十物語

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな

日記

Mr.スポーツ大好きの人生を変える名言集

ためしに読むやりたいことの見つけ方。

のっこの気ままなバンコク日記

月華

是々非々でw

気ままにPHOTO LIFE second season

シュピーゲル・シュムック

素敵な人生(にゃんこ先生がお届け)

★のんくま日記★

午後の紅茶と読書遍歴と些細な日常と

★★★ タクちゃんの自由気ままなブログ ★★★

FOOL OR HERO

永井ゼミ@神戸山手大学



携帯電話QRコード

QR



閲覧者数累計

2010年3月8日からの累計です



現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:



ブログランキング バナー

応援のクリックをしていただけると 嬉しいです ↓↓↓↓↓

FC2Blog Ranking



神戸学院大学 「減災学」 最終回

神戸学院大学で
木曜日に聴講している
「減災学」

第15回目
今日が最終授業でした。

総括ということで
これまでの講義の要点を
話してくださいました。

この授業は
期末試験はなくて
レポート提出で評価します。

レポートの課題は
「安全・安心な社会づくりのために、
この授業で修得したことを、
今後どのように活かすことができるか」

ぴかぴっかりんは聴講生なので
試験を受けたり
レポートを提出はありません。
なので
今日の授業でこの講義は終了です。


神戸学院学食 180118
神戸学院の学食はこれで最後かなぁ


スポンサーサイト

神戸学院大学 「減災学」 第14回

神戸学院大学で
木曜日に聴講している
「減災学」

今年最初の講義でした。

「消防実務」

消防の業務や災害時の活動などの
お話でした。

神戸学院では
消防や警察に就職を目指している
学生さんが多いので
結構真剣に聴いていましたね。

来週で
この授業が終ります。


神戸学院学食 180111
昼食は学食で

霜柱
今冬一番の寒さ 霜柱が立っていました


神戸学院大学 「減災学」 第13回

神戸学院大学で
木曜日に聴講している
「減災学」

今年最後の講義でした。

今日は
「阪神・淡路大震災から学ぶ
  自助、共助、公助のあり方」


大規模・広域災害では
初動時には行政(公助)だけでは
十分な対応ができない。
自分の命は自分で守る(自助)
自分たちの地域は自分たちで守る(共助)

この共助のひとつが
「防災福祉コミュニティ(防コミ)」

ぴかぴっかりんも
防コミの役員をやっていますが
その歴史や施策などの話があり
とても勉強になりました。


神戸学院学食 171221
学食で食べるのも今年最後



神戸学院大学 「減災学」 第12回

神戸学院大学で
木曜日に聴講している
「減災学」

今日は12回目の講義でした。
残り少なくなってきました。

今日は
「南海トラフ巨大地震・首都直下地震対策」

南海トラフ地震は
一定期間で繰り返し起きていて
近い将来、必ず発生する。
その想定震度や被害想定と対策。

南海トラフ地震では津波による
被害が一番心配だが
首都直下地震では
焼失家屋が41万棟と想定されていて
阪神・淡路の時の60倍らしい。

神戸にも木密地域が残っているけど
東京には多いですよね。
ぴかぴっかりんが子どもの頃
住んでいた板橋区にも多かったけど
今はどうなっているんでしょうね。


神戸学院学食 171214
昼食はいつもの通り学食で



神戸学院大学 「減災学」 第11回

神戸学院大学で
木曜日に聴講している
「減災学」

今日の11回目の講義は
「地震時の消防活動」

先週は
阪神・淡路大震災でしたが
今日は
中越地震
東日本大震災
熊本地震
における
消防活動、地震火災

「消防団員の安全確保対策」
これは大切ですよね。
退避ルールや活動内容の明確化
これをやっておかないと
犠牲者が出てしまう。
住民への周知も重要。
消防職員と消防団員の違いを
わかっていない人たちが多すぎる。
これ一番の問題です。


神戸学院学食 171207
昼食は学食で