ぴかぴっかりんのアラ還ライフ
(旧 神戸山手大学 シニア2期生 キャンパスライフ) アラウンド還暦の楽しいシニアライフを綴ってます

ブログ管理者のプロフィール

ぴかぴっかりん

Author:ぴかぴっかりん
2013年3月に二度目の大学を卒業した
2016年3月に還暦を迎えたシニアです。

卒業後の進路に関すること
趣味の一口馬主、映画、音楽など
アラウンド還暦の生活について
できる限り頻繁に更新します。

読み逃げの常習ですが
皆さんのblogへ頻繁にお邪魔します。

当ブログはリンクフリーです。
リンクの際、一言コメントいただければ
嬉しいです。



最新記事



最新コメント



年月別の記事



記事の分類



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


つっちぃオフィシャルブログ

かまちゃんのぶら〜り北海道✩アウトドアしましょ!

駄菓子屋

そたえの雑貨村

うん、きっと大丈夫、こんな日々でも

為替料理人

四万十物語

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

日記

Mr.スポーツ大好きの人生を変える名言集

ためしに読むやりたいことの見つけ方。

のっこの気ままなバンコク日記

月華

是々非々でw

気ままにPHOTO LIFE second season

シュピーゲル・シュムック

素敵な人生(にゃんこ先生がお届け)

★のんくま日記★

午後の紅茶と読書遍歴と些細な日常と

★★★ タクちゃんの自由気ままなブログ ★★★

FOOL OR HERO

永井ゼミ@神戸山手大学



携帯電話QRコード

QR



閲覧者数累計

2010年3月8日からの累計です



現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:



ブログランキング バナー

応援のクリックをしていただけると 嬉しいです ↓↓↓↓↓

FC2Blog Ranking



2017年 社台グループ 出資馬が決まった

社台グループ
2017年の出資馬が希望通り決まりました。

第一希望
モルガナイトの16
父:ルーラーシップ
母父:アグネスデジタル

第二希望
アイアムラヴィングの16
父:ヴィクトワールピサ
母父:ファルブラヴ

モルガナイトの16は
100口もの希望があった人気馬で
実績が400ないぴかぴっかりんは
おそらく落選するだろうと思っていましたが
見事当選しました。

無事に育ってほしいですね。



スポンサーサイト

ありがとう、トニ・エルドマン

ジャック・ニコルソン主演で
ハリウッドリメイク
そんな話題が先行していますが。

「ありがとう、トニ・エルドマン」

ルーマニア、ブカレストの
コンサルタント会社勤務のキャリアウーマンは
仕事に追われ多忙な毎日をおくっており
それが心配でたまらない父親は
ドイツからブカレストにやってくる。

ところが
この父親は
的外れなことばかり仕出かす。

中盤の
ホイットニー・ヒューストン
「Greatest Love Of All」
この映画が伝えたかった事の半分以上が
歌詞になっていたような
そんな感じです。


ありがとう トニ・エルドマン



2017年 ウイン募集馬 申し込み完了

先日の社台の申し込みを終えたばかりですが
ウインの第1次募集
以下の馬に申込みました。

ウインは
400口/1頭だし
社台のように抽選になるようなことはなくて
申し込めば出資できます。

オメガラヴィータの16
父:タートルボウル
母父:ジャングルポケット

コスモネモシンの16
父:アイルハヴアナザー
母父:ゼンノロブロイ

コスモチェーロの16
父:オルフェーヴル
母父:フサイチペガサス

ほかにも2~3頭
気になる馬がいるけど
このクラブの募集馬は
早い時期に満口になることは滅多にないので
しばらく様子を見ようと思っています。




20センチュリー・ウーマン

なんか
T.REXみたいな。

「20センチュリー・ウーマン」

「人生はビギナーズ」
マイク・ミルズ監督最新作。

出演は
アネット・ベニング
グレタ・ガーウィグ
エル・ファニング
ルーカス・ジェイド・ズマン
などなど

1979年サンタバーバラが舞台
シングルマザーの女性と15歳になるその息子
そこにルームシェアしているパンク好きの女性写真家
幼なじみで近所に暮らす少女。

少年がその3人の女性との色々な経験を通して
青年へと成長していく姿を描いています。

ストーリーは
有って無いような。

ブラック・フラッグ
トーキングヘッズ
などなど
その世代のぴかぴっかりんとしては
懐かしい曲が多用されていて嬉しいです。
デヴィッド・バーン
衝撃的だったのを思い出しました。
久しぶりに
アルバム1枚を通して聴きたくなりました。


20センチュリー・ウーマン



TAP THE LAST SHOW

40年前から構想を抱き続けて
映画化らしいです。

「TAP THE LAST SHOW」

水谷豊
監督・主演作品です。

出演はほかに
岸部一徳
北乃きい
六平直政
などなど

天才タップダンサーの水谷豊は
ステージで怪我をして引退。

後遺症を抱えて酒浸り日々を送っていたが
古い友人から劇場を閉めるにあたり
有終の美を飾るラストショーの演出を依頼される。

最後の
ダンスシーンは一見の価値はありますが
それまでのストーリーは平凡。

コーラスラインのタップ版みたいな
そんな印象ですね。

舞台で演ったら
よさそう。


TAP THE LAST SHOW