FC2ブログ
ぴかぴっかりんのアラ還ライフ
(旧 神戸山手大学 シニア2期生 キャンパスライフ) アラウンド還暦の楽しいシニアライフを綴ってます

ブログ管理者のプロフィール

ぴかぴっかりん

Author:ぴかぴっかりん
2013年3月に二度目の大学を卒業した
2016年3月に還暦を迎えたシニアです。

卒業後の進路に関すること
趣味の一口馬主、映画、音楽など
アラウンド還暦の生活について
できる限り頻繁に更新します。

読み逃げの常習ですが
皆さんのblogへ頻繁にお邪魔します。

当ブログはリンクフリーです。
リンクの際、一言コメントいただければ
嬉しいです。



最新記事



最新コメント



年月別の記事



記事の分類



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


つっちぃオフィシャルブログ

かまちゃんのぶら〜り北海道✩アウトドアしましょ!

駄菓子屋

そたえの雑貨村

うん、きっと大丈夫、こんな日々でも

為替料理人

四万十物語

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな

日記

Mr.スポーツ大好きの人生を変える名言集

ためしに読むやりたいことの見つけ方。

のっこの気ままなバンコク日記

月華

是々非々でw

気ままにPHOTO LIFE second season

シュピーゲル・シュムック

素敵な人生(にゃんこ先生がお届け)

★のんくま日記★

午後の紅茶と読書遍歴と些細な日常と

★★★ タクちゃんの自由気ままなブログ ★★★

FOOL OR HERO

永井ゼミ@神戸山手大学



携帯電話QRコード

QR



閲覧者数累計

2010年3月8日からの累計です



現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:



ブログランキング バナー

応援のクリックをしていただけると 嬉しいです ↓↓↓↓↓

FC2Blog Ranking



ブラックモリオン 連闘で連勝

サンデーサラブレッドクラブの一口愛馬
ブラックモリオン
土曜日 函館7R 3歳以上1勝クラス利 ダート1700mに団野大成騎手で出走優勝

単勝10.2倍 5番人気

前走初勝利をあげて
一旦放牧されると思っていたら
連闘で昇級戦に挑みました。

スタートがよく
そのまま逃げて
先頭でゴール。

未勝利で終わるのではと
覚悟していた持ち馬でしたが
2勝目をあげました。

馬が変わった印象ですね。
昇級しても楽しみです。


今年の持ち馬成績
win(5-2-3-23)
社台(4-2-2-8)



スポンサーサイト




バブリーダンス まさかのミルコ・デムーロ9着

G1サラブレッドクラブの一口愛馬
バブリーダンス
土曜日 中京3R 3歳未勝利 ダート1200mにミルコ・デムーロ騎手で出走9着

単勝13.4倍 5番人気

前走
0.2秒差の4着と大健闘
そして今回は
まさかのミルコ・デムーロ騎手
馬券に絡むだけではなく
ひょっとしたら勝っちゃうかもなんて
そんな淡い期待を抱いていました。

さてレースは
行き脚がさっぱりで
後方からとなりました。

直線も満足に追えず
期待外れの結果となりました。

鞍上強化でこの結果
そろそろ引退でしょうか。


今年の持ち馬成績
win(5-2-3-23)
社台(3-2-2-8)




歌舞伎鑑賞教室

昨日
シルバーカレッジの校外学習でした。

「歌舞伎鑑賞教室」

神戸文化ホールで14時から約2時間半

演目は
第一部 歌舞伎舞踊「助六」
第二部 立ち廻りワークショップ
第三部 歌舞伎「応挙の幽霊」

鑑賞教室ということで
舞台に上がって立ち廻りを体験する
そんなコーナーもありました。


歌舞伎鑑賞教室



ウインカーネリアン デビュー2戦目で初優勝

WINの一口愛馬
ウインカーネリアン
土曜日 福島1R 2歳未勝利 芝1800mに三浦皇成騎手で出走優勝

単勝1.9倍 1番人気

デビュー戦から中2週の出走
デビュー戦は勝ち馬が強すぎたので
今日は負けられないレースでした。

相変わらず好馬体で
好走を期待して観戦しました。

最後
ヒヤヒヤしましたが
凌ぎ切り先頭でゴール。

この時期に
2歳馬が勝つなんて
これから楽しみです。


今年の持ち馬成績
win(5-2-3-23)
社台(3-2-2-7)




泣くな赤鬼

あまり期待せずに観たら
とてもいい映画だった。

「泣くな赤鬼」

「キセキ -あの日のソビト-」
兼重淳監督最新作。

出演は
堤真一
柳楽優弥
川栄李奈
などなど

強豪高校野球部の監督だった堤真一は
甲子園出場を逃し
弱小高校に転任。

ある日
検査のため病院を訪れた彼は
野球部の教え子だった柳楽優弥と再会するも
末期ガンで余命半年だと知る。

泣かせよう泣かせようと
しているのがわかるのだけれど
嫌味がなくて
しっかり泣かされてしまいました。



泣くな赤鬼