ぴかぴっかりんのアラ還ライフ
(旧 神戸山手大学 シニア2期生 キャンパスライフ) アラウンド還暦の楽しいシニアライフを綴ってます

ブログ管理者のプロフィール

ぴかぴっかりん

Author:ぴかぴっかりん
2013年3月に二度目の大学を卒業した
2016年3月に還暦を迎えたシニアです。

卒業後の進路に関すること
趣味の一口馬主、映画、音楽など
アラウンド還暦の生活について
できる限り頻繁に更新します。

読み逃げの常習ですが
皆さんのblogへ頻繁にお邪魔します。

当ブログはリンクフリーです。
リンクの際、一言コメントいただければ
嬉しいです。



最新記事



最新コメント



年月別の記事



記事の分類



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


つっちぃオフィシャルブログ

かまちゃんのぶら〜り北海道✩アウトドアしましょ!

駄菓子屋

そたえの雑貨村

うん、きっと大丈夫、こんな日々でも

為替料理人

四万十物語

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

日記

Mr.スポーツ大好きの人生を変える名言集

ためしに読むやりたいことの見つけ方。

のっこの気ままなバンコク日記

月華

是々非々でw

気ままにPHOTO LIFE second season

シュピーゲル・シュムック

素敵な人生(にゃんこ先生がお届け)

★のんくま日記★

午後の紅茶と読書遍歴と些細な日常と

★★★ タクちゃんの自由気ままなブログ ★★★

FOOL OR HERO

永井ゼミ@神戸山手大学



携帯電話QRコード

QR



閲覧者数累計

2010年3月8日からの累計です



現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:



ブログランキング バナー

応援のクリックをしていただけると 嬉しいです ↓↓↓↓↓

FC2Blog Ranking



ボス・ベイビー

大ヒット上映中
そんな感じかな。

「ボス・ベイビー」

吹き替え版で観ました。

子供たちが春休み真っ只中で
家族連れの鑑賞が多かったです。

ユニバーサルスタジオ/ドリームワークスアニメーションですね。

「マダガスカル」
トム・マクグラス監督最新作。

両親と一緒に幸せに暮らす少年のもとに
弟の赤ちゃんがやってくる。

その赤ちゃん
黒スーツにサングラス姿
そして大人の知能を持っていた。

そして
世界人たちの愛が赤ちゃんより犬に注がれる
そんな事態を解決するべく
送り込まれていたのである。

突飛な設定ではあるけど
子どもでも楽しめると思います。

前半の伏線が
後半以降きちんと回収されて
大人も満足できますよ。



ボス・ベイビー



リメンバー・ミー

神戸では
字幕上映がなくて
吹き替えで観てきました。

「リメンバー・ミー」

ディズニー/ピクサーの長編アニメ。

「トイ・ストーリー」
「ファインディング・ニモ」
リー・アンクリッチ監督最新作。

1に1度だけ他界した家族と再会できる
そんなお祭り
主人公の少年の家でも
先祖を迎える準備をしている。

過去の出来事が理由で
音楽を禁止されている一家だが
少年はある日
生きたまま「死者の国」へと紛れ混んでしまい
そこで繰り広げられる出来事を描いています。

どんでん返しというか
真実が明らかになった時は
さすがに泣けましたね。


リメンバー・ミー



ウイスキーと2人の花嫁

実話がベースの映画らしいが
ユーモアたっぷりのお話です。

「ウイスキーと2人の花嫁」

ウイスキーをこよなく愛する島民たちだが
第二次世界大戦の影響で供給が止まり
すべてに無気力になってしまう。

ウイスキーで婚約のお祝いするの習わしだが
2人の女性もそれができない。

そんなある日
近くを航行する貨物船が座礁してしまい
積み荷に大量のウイスキーがある事を知り
島民たちがそのウイスキーを運び出し隠し持つお話。

ウイスキー好きな島民であること
よくわかったし
こんな島があるんですね
楽しそう。


ウイスキーと2人の花嫁



しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス

こういう作風の絵は知っていたけれど
どんな人なのかは知らなかった。

「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」

カナダの画家モード・ルイスという名前らしい。

サリー・ホーキンス主演
「シェイプ・オブ・ウォーター」でも主演でしたね。

リウマチを患っていて
歩く姿に特徴があるサリー・ホーキンスは
家族にも冷遇されていた。

魚の行商をしている男性の家政婦として
小屋のような家で住み込みで働き始め
やがて夫婦となる。

絵を描くことが好きだったサリー・ホーキンスは
家事をしながら絵描きを続けていたところ
彼女の絵の才能を発見する女性が現われ
絵が売れるようになる。

家政婦と雇い主という関係から
徐々に結ばれていく
その辺りが見どころですね。



しあわせの絵の具




ハッピーエンド

フランス映画
観てきました。

「ハッピーエンド」

「白いリボン」
「アムール」
ミヒャエル・ハネケ監督最新作。

フランスの豪邸に3世代で暮らす一家
長男の前妻との子で13歳になる少女が
一緒に暮らすことになる。

家族それぞれが
いろいろな問題を抱えており
家長の老人もそのひとり
13歳になる少女に秘密を打ち明ける。

「アムール」に出ていた俳優が何人がおり
あれっ?て感じになります。

冒頭から
ちょっとショッキングなシーンがあったり
ハッピー??
タイトルとは違う印象が残ります。



ハッピーエンド